中古パソコンの購入する前にチェックしておくべきポイントを紹介するサイト コチラのサイトで紹介している中古パソコンの購入する前にチェックしておくべきポイントを把握することが出来ていれば、低品質な中古パソコンを購入してしまう確率を低くすることが出来ると思います。 中古パソコン

3万円程度で買える中古パソコンを選ぶポイントはありますか?安くても動作が快適なように処理能力や容量チェックは重要です

近年ではスマートフォンの性能が大きく発展してきたことによって、パソコンの需要が低くなってきたとされています。ネットをする

中古パソコン購入の注意点は何かありますか?中古パソコンを購入する際の注意点

インターネット販売でも家電量販店でも中古のパソコンというものをよく目にするようになりました。「何でもいいから」「よく分か

中古パソコンってデメリットはありますか?中古パソコンにはいろいろなデメリットがある

●キズがあるデメリット 中古パソコンは価格が安いのが良いところですが、その代わりにいろいろなデメリットがあります。中古

3万円程度で買える中古パソコンを選ぶポイントはありますか?安くても動作が快適なように処理能力や容量チェックは重要です

近年ではスマートフォンの性能が大きく発展してきたことによって、パソコンの需要が低くなってきたとされています。ネットをする程度であればスマホかタブレットで充分だとパソコン自体もっていないというかたが増えてきたくらいです。といっても、やはりちょっとした作業をしようと思った時にないと不便なものですし、せめてノートパトコンの一台くらいは持っていたほうが安心です。

中古で安いものを、とくに3万円程度で購入することができるものを探しているかたも少なくありませんので、選ぶときのポイントをご紹介します。

■core i5からが狙い目
3万円という低価格帯で売られている中古パソコンは、パソコンの脳ともいえるcore性能に注意しておきましょう。これがあまりにも低いと、処理動作が遅くなってしまい作業にイライラが募ることになります。3万円程度で多いのがcore i3あたりの性能のものですが、いくら安くてもこれでは性能がスマホ以下です。

最低限i5、お得に買い物をしたければレアなi7か同等の脳を持つものを狙うべきです。

3万円程度で買える中古パソコンを選ぶポイントはありますか?安くても動作が快適なように処理能力や容量チェックは重要です

■メモリは2GB程度
本来ならば最低4GBは欲しいところですが、3万円程度の予算で中古パソコンの購入を狙おうと思ったらどこかで性能を妥協しなければなりません。メモリは2GBあれば快適性こそ劣ってしまいますが、とりあえず問題なく操作が可能です。購入してから不都合があれば後々増設すれば問題ありません。

レファレンス※中古パソコン通販ならモバデジマーケット|ノートPC・デスクトップ最短即日発送! https://mobadeji.com/

■ストレージはHDD250GBあればひとまず安心
パソコンを使う用途にもよりますが、写真や音楽、動画など保存するものが多ければ多いほどパソコンの入れ物が大きくなければ窮屈になってしまいます。安い中古の場合にはストレージ、つまり記憶装置がHDD100GB以下のものも珍しくありません。
しかし、これでは必要最低限パソコンを動かすのに必要な分の記憶量を除くと自由に使える分が僅かになってしまいますので、せめてHDD250GBは欲しいところです。

それから、中古パソコンで注意したいのが、ショップの保証期間の短さです。期間以降の故障は全額自己負担になってしまいますので、せっかく安い買い物ができたとしても後に修理代のほうが上回ってしまったということにらないように、中古パソコン購入時にはオプションである程度保証を延ばしておいたほうが賢明です。